ステップワゴンのグレード比較、オススメ・違いの説明

ステップワゴンのグレードを選ぶ際のポイント

新車購入で一番頭を悩まされるのが「グレード選び」ですが、それはステップワゴンも例外ではありません。考えるのはめんどくさいし、勧められたものでいいや、などと思っていては、結局はディーラーの売りたいものを売りつけられてしまい、ステップワゴンを買ったあとで「こんなはずじゃなかった」と思っても後の祭りです。

 

そんなことにならないように、ステップワゴンにはどんなグレードがあるのかをしっかり把握しておき、自分にはどのグレードが合っているかを前もって考えておかなければなりません。

 

こちらでは、ステップワゴンのグレードを選ぶときの注意点・ポイントの説明をします。ステップワゴン購入の商談へ行く前に是非読んでおいてください。

 

最初にステップワゴンのグレードにはどんなものがあるかをつかんでおきましょう。

 

ステップワゴングレード名 燃費 価格
B 15.4km~17.0km/リットル 2,288,000円~2,547,200円
G 15.4km~17.0km/リットル 2,480,000円~2,717,600円
G・EX 15.4km~16.2km/リットル 2,588,000円~2,804,000円
SPADA 15.0km~16.0km/リットル 2,725,000円~2,922,600円
SPADA・Cool Spirit 15.0km~15.4km/リットル 2,887,000円~3,081,400円

 

ステップワゴンのグレードの違いは装備の違い

 

 

ステップワゴンのグレードによる違いは、装備の違いだと思ってしまってかまわないでしょう。車体の重さで多少の燃費性能の変化はありますが、運転性能に関してはほとんど変わりません。自分や家族にとって必要な安全装備・快適装備はどれなのか、そこを基準にステップワゴンのグレードの選択をしましょう。

 

ステップワゴンの中からまずはBグレード、Gグレード、G EXグレードの装備比較を行ってみましょう。

 

G EX
わくわくゲート ×
LEDヘッドライト ×
リア助手席片側パワースライドドア
クルーズコントロール ×
シートヒーター × ×
オートエアコン × ×
シートバックテーブル ×

 

ステップワゴンのグレード選びの際に注目してもらいたいポイントはわくわくゲートパワースライドドアについてです。わくわくゲートは狭い場所でも荷物の積み下ろしに便利な装備ですし、ステップワゴンのスライドドアはかなり重いですから、パワースライドドアなしでは、お年寄りや小さなお子さんは一人での乗り降りに苦労するかもしれません。これらがあるかないかで使い勝手はかなり変わってきます。

 

最廉価グレードであるBはパワースライドドアがメーカーオプション、わくわくゲートは装備不可となっており、その他の装備も装備不可となっていますので、あまりいいグレードとはいえません。

 

中位グレードGはBとの価格差は20万円ほどですが、驚くほど装備の充実度が変わってきます。安全装備も追加されますし、間違いなく価格差以上のものがあるでしょう。

 

最上位グレードのG EXで追加されるシートヒーターなどは、そこまで重要度の高い装備ではありません。予算に十分な余裕があるか、もしくは強いこだわりがある方以外にはおすすめしません。

 

まとめると、ステップワゴンの中で一番のおすすめグレードはGです。とにかく価格と装備の充実度のバランスが一番いいですから、迷ったらGを選んでおきさえすれば公開することはないでしょう。十分な予算があればG EXを選ぶのもありです。

 

4WDについて

 

ステップワゴンは他の車種と違い、4WDにしても燃費性能の低下は少なくなっています。ですから、単純に車体価格のアップに関してだけ考えておけばOKです。普段から雪道や山道などの悪路を走る機会が多いのであれば4WDを選んでもいいでしょう。そうでなければ、車体価格も安いですし2WDを選びましょう。

 

 

SPADAとSPADA・Cool Spiritについて

 

こちらの二つのステップワゴンのグレードに関して、何が違うの? という疑問にお答えしていきます。

 

いったい何が違うの?ということになると、主な違いは「見た目の違い」です。SPADAの方は、専用のアルミホイールタイヤやエアロパーツ装備、内装もブラックがメインになっており、ボディもパープル、ブラックを中心に構成されています。

 

しかし、同じステップワゴンですから実は運転性能は変わりません、それどころかエアロパーツなどにより、車体が重くなったために燃費性能は悪化しています。価格も最廉価グレードよりも40万円高くなっていますし、とにかくかっこいい方がいい!という方以外にはおすすめできません。

 

 

特別仕様車について

 

ステップワゴンには更にSPADA、SPADA・Cool Spiritをベースにした特別仕様車が2種類存在します。

 

Honda SENSINGと両側パワースライドドアを装備しようと思った場合には、この特別仕様車を選ぶ必要がありますが、ネックになってくるのはその値段です。値段と装備のバランスがいいGグレードと比べると、60万円もの差が出てきます。いくら装備が充実していても、これだけ値段の差が出てくるとお買い得とは決して言えません。お買い得なGがベースになっているならまだしも、ベースはSPADAですので、不要な装備があるという方もいらっしゃると思います。いくらかかってもいいから、ステップワゴンの安全度を最高まで上げたい、という方以外にはおすすめできないでしょう。

 

 

ステップワゴンの人気グレードは?

 

ランキング ステップワゴングレード名 比率
1位 G 64.7%
2位 G EX 31%
3位 B 4.3%

 

ステップワゴンの中で値段と装備のバランスがいいGに圧倒的な人気が集まり、60%以上という多数のドライバーに選ばれています。Bはやはり装備面がかなり寂しいのもあって人気は低いようです。多くのステップワゴンドライバーが値段と装備の充実度合いのバランスのよさからG以上のグレードを選んでいるようです。一方で見た目のよさに関しては重視されていないようでSPADAはほとんど選ばれていません。