ステップワゴンの燃費はいいの?実燃費は?

ステップワゴンの燃費はいいの?実燃費は?

ステップワゴンはミニバンですから、一昔前であれば「燃費が悪い」というイメージがあるでしょう。ですが、昨今は技術の発展により、ステップワゴンの燃費はかなり向上してきているのです。

 

ステップワゴンはライバル車とどのくらい違う?

 

どのくらいステップワゴンの燃費がいいのか、ライバル車と比較してみましょう。

 

燃費性能 1kmあたりの燃料費
ステップワゴン Bグレード 17.0km/リットル 5.8円
ヴォクシーXグレード 16.0km/リットル 6.3円
セレナ(S-HYBRID) 16.0km/リットル 6.3円

 

注目すべき点はステップワゴンはガソリン車でありながら、S-HYBRID搭載車であるセレナを上回っているということです。これは、かなり高い数値となっており、実際ガソリン車としてはクラスナンバー1の燃費性能を誇っています。

 

ガソリン1リットルを100円として計算すると、ステップワゴンとヴォクシー・セレナでは0.5円の差があります。10万キロ走った場合には燃料費に5万円の開きが出てきますから、これは無視できない差です。

 

ステップワゴンの2WDと4WDの燃費を比較してみましょう

 

種別 燃費性能 1kmあたりの燃料費
2WD 15.4~17.0km/リットル 5.9円~6.5円
4WD 15.0~15.4km/リットル 6.5円~6.7円

 

ご覧になってもらうとわかるように、2WDと4WDでは差があまりありません。ステップワゴン以外では4WDにすることで20%も落ちるものがありますので、かなり優秀な数値だといえます。

 

つまり、ステップワゴンは4WDにしてもあまり燃料コストが上がらない車種だということができます。しかし、4WDにすることでトータルコストは上がります。

 

例えばGグレードの場合には、車体価格が20万円ほど高くなるのに加え、1km辺り0.6円の燃料代アップになるので、10万キロ走行すると仮定すれば燃料代は6万円高くなります。

 

山道や雪道を走る機会の多さとこれらのコストアップ分を天秤にかけて駆動方式を選ぶようにしましょう。悪路をほとんど走らないのであれば2WDを選んでおけば無難でしょう。

 

ステップワゴンの実燃費はどのくらいでしょうか?

 

ここまででステップワゴンの燃費がどのようなものかわかりましたが、これらはあくまでカタログデータです。実際に走ったら全然違ったというのはよくあることです。実燃費は各個人の走る環境や運転の荒さなどが大きく変わってきますから、実際にステップワゴンを運転してみなければわかりません。しかし、口コミデータを集めれば大体の範囲の予測をすることはできます。

 

ここでは、ステップワゴンを含む車に関する様々な役立つデータが全国から集まる「みんカラ」をチェックしてみましょう。18000件もの信頼できる口コミデータが揃っています。

 

ステップワゴンの実燃費

 

 

ステップワゴン平均実燃費 9.23km/リットル

 

カタログスペックよりはかなり数値が落ちてしまっていますが、ミニバンは実燃費5km/リットルもざらというジャンルですから、ステップワゴンの値はよくも悪くもない並の数値です。

 

実燃費は運転の仕方にかなり左右される数値です。荒っぽい運転をしていれば悪くなりますし、逆にスマートな運転をすればよくなります。上記データで2桁を上回っている物に関してはそういったスマートな運転を心掛けている方たちです。ステップワゴンの燃料代が気になるのであればなるべく急ブレーキ急発進などは控えるようにしましょう。

 

みんカラ:http://minkara.carview.co.jp/car/honda/step_wagon/