ステップワゴンとライバル車種を比較しよう

ステップワゴンのライバルを知っておけば値引き交渉に役立つ

ステップワゴンは人気の高いミニバン車種ですから、ライバル車種も多数存在します。各社がミニバン開発には力を入れ、ミニバン一位の座を狙っているのです。ステップワゴンもその中のひとつです。

 

ここからはステップワゴンのライバルを紹介していきます。

 

 

セレナ(日産) 概要

日産の人気ミニバン車種。かつてはステップワゴンやヴォクシー/ノアと人気を分け合う存在だったが、ハイブリッド化遅れたことで人気は下降傾向に。その後ハイブリッド化と共に自動ブレーキをはじめとする先進技術を取り入れることで人気は上昇しつつある。
人気グレード:ハイウェイスターVセレクション+SafetyII(272万円)

ヴォクシー/ノア(トヨタ) 概要

トヨタを代表する大人気ミニバン。どちらかというとヴォクシーの方が人気が高く、ミニバン界でもトップクラスの人気。ハイブリッドもあるが、ガソリン車の方が売れており、特別仕様車の売れ行きも上々。ステップワゴンの強力なライバルになる。
ヴォクシー/ノアにはハイブリッド車とガソリン車があるが、ステップワゴンのライバル車となるのはガソリン車のみ

 

人気グレード:ZS煌(282万円)

ビアンテ(マツダ) 概要

昨今躍進を続けるマツダ車だが、ステップワゴンやヴォクシー/ノア、セレナなどの人気車に人気を奪われて苦戦中。反面、人気がない分値引きで勝負しているケースが多く、とにかく安くミニバンを手に入れたいのならば狙い目。

 

人気グレード:グランツ スカイアクティブ(267万円)

 

ステップワゴンとライバル車種の比較

 

ステップワゴンのライバルを知っておきたいということは

 

・ステップワゴンを買うかどうか最後の一押しが欲しい
・ステップワゴンを買うことは決まっているので、少しでも値引きするための交渉材料が欲しい

 

このいずれかでしょう。それならば、まずライバルがどんな車なのかを知っておき、ステップワゴン購入の商談の際の武器にするとともに、ライバル車種の方が魅力的だと思ったらそちらに切り替えるという方針で行きましょう。

 

ステップワゴンはホンダ車ですから、商談では基本的にホンダディーラー同士での競合を狙っていきたいのですが、決めてに欠ける場合にはライバル車の相見積で局面を打開しましょう。

 

とはいえ、ライバル車の知識が何もなければ、それはすぐに営業マンにバレてしまいます。ライバル車種の知識を事前に入れておき、どんな状況になってもあわてずにやり取りができるようにしておきましょう。

 

ここから先は、ステップワゴンの値引き交渉のネタになるかどうか、という点に的を絞ってライバル車種の解説をしていこうと思います。

 

セレナ

・視界が開けている
・価格帯はステップワゴンとほぼ同じ
・燃費性能は低い

ヴォクシー/ノア

・人気が高い
・価格帯はステップワゴンとほぼ同じ
・燃費性能は低い

ビアンテ

・とにかく値引きが大きい
・価格帯はステップワゴンとほぼ同じ
・燃費性能が低い

 

セレナの場合

 

セレナはステップワゴンと価格帯が同じくらいなので、値引き交渉の際でのアピールポイントがなかなか難しいです。

 

ステップワゴンとの相見積もりでアピールしていきたいのは「実際にセレナに乗って確かめてみたけど、視界が開けていたから運転しやすかった」と言っておけば、試乗までしているからもう契約されてしまうかもしれないと警戒させることができるでしょう。

 

ステップワゴンにはわくわくゲートがある関係で後方の視界がやや悪くなっています。視界のよし悪しは値引き交渉の際の大きな武器になるでしょう。セレナの360度視界が確保されたウィンドウは是非アピールしていきましょう。
燃費はステップワゴンの方がいいですから、ここには触れないようにしましょう。

 

ヴォクシー/ノアの場合

 

ヴォクシー/ノアもステップワゴンとよく似た車種になりますので、どこを攻めるか悩むところです。

 

アピールしていきたいポイントは「人気」です。ステップワゴンも歴史がある人気車種ですが、ヴォクシーの人気はミニバン界でもトップクラスです。「色々見たけど、そんなに変わらないからやっぱり人気のある車種にしたい」といったアピールが有効です。良く似た車種ですから、純粋な値引き勝負の展開に持って行きましょう。

 

燃費に関してはあまり変わりませんがほんの少しですが、ステップワゴンの方が優れていますから、わざわざ触れることはないでしょう。

 

ヴォクシー/ノアにはガソリン車とハイブリッド車がありますが、ステップワゴンのライバルとなるのはあくまでガソリン車だということも忘れないようにしましょう。

 

ビアンテの場合

 

ビアンテはあまり人気がない車種ですから、そもそもビアンテとステップワゴンの相見積ををしようとする人自体が少なく、ディーラーからの反応も悪い場合があります。

 

商談のコツとしては、前述の通りビアンテは低人気の分値引きで勝負していることが多いですから、見積もりを出した結果数十万円を超えるかなりの値引きを獲得できる場合があります。この見積もりを見せて「ビアンテはこの位下げてくれている、ステップワゴンももうちょっと何とかしてくれれば考えるんだけど」といったようなアピールが有効です。事前に、必ず実際にビアンテの見積もりと交渉を進めて、ある程度大きな値引きを獲得しておきましょう。口でいうだけなのと、実際に見積りを見せるのでは効果に大きな差があります。

 

あえて言うことはないでしょうが、ビアンテの燃費に関してはNGワードです。ステップワゴンの方が燃費がいいですから、もし口に出してしまうと「ステップワゴンの方が燃費がいいですし、オススメです!」と相手に有利な材料をあたえてしまうことになります。都合の悪いことは言わずにおきましょう。